弟子!

先日、かつての教え子が、「井上先生や他の先生方との出会いのおかげで今がある。本当にありがたく思い、これからも絶対にサックスを続けていく」と話してくれました。

他にも今日は、何の気なくかつての教え子で中学校の教諭をしている子に「コンクール頑張って」とメールをしただけなのに、その後すぐに電話をかけてきてくれて、メールが嬉しかったと話してくれました。

逆に、私の方もそう言ってもらえて嬉しかったです。


私は中学校でサックスを始めてから大好きになり、これまでずっと続けています。サックス一筋で頑張ろうと決め、色んな方に支えていただいてここまでやってこれています。

そして今ではおかげさまで、子供たちの楽団やサックスのイベントを運営したりもしています。サックスの技術も追求しながら、このようなこともするのは大変ですが、こうして色んな出会いがあることがとてもありがたいです。
人のおかげで生かされているんだなあと、心から感じます。

これからも様々な形態で音楽活動を行っていきたいと思います。
サックスの技術向上のためだけでなく、たくさんの方と関わって、楽しみながら色んな経験をして成長していきたいです。

精進せねば☆
スポンサーサイト
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

nonchiさん、お心遣い本当にありがとうございました!
終わるということは始まることだと考えて、これからもどんどん音楽活動をしていきます。どうぞ末永く応援してくださいませ。
中学校の演奏会も、またの機会に是非教えてください。日にちが合えば聴きにまいりますので!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

井上有記

Author:井上有記
岡山県玉野市出身。3歳よりピアノ、12歳よりサクソフォーンを始める。
山陽女子高等学校音楽科卒業。作陽音楽大学音楽学部音楽学科サクソフォーン専攻卒業。同大学卒業演奏会、岡山県新人演奏会に出演。
倉敷チボリ公園専属吹奏楽団「チボリ ウインド アンサンブル」に5年間所属。
現在、おかやま山陽高校音楽コース講師、瀬戸フィルハーモニー交響楽団団員、サクソフォンラボラトリー岡山代表、くらしきジュニアサクソフォンコンクール&フェスティバル実行委員、岡山サクソフォンクラブ事務局長など、地元岡山を中心に県内外での演奏・指導を精力的に行う。サクソフォーンを冨岡和男、長瀬敏和、上田啓二の各氏に師事。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク