スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感動体験満載の日


昨日は倉敷のジュニアオケの定期でした。

私たちサックスの三名は、2日間の練習と本番をお付き合いしましたが、メンバーや講師の皆さんは合宿や病院での本番もあり、充実した夏休みになったようです。

ガーシュイン以外の曲も完成度が高くて驚きました。

また、メンバーは仲がよくて、みんないい表情で素敵な団だなって思いました。

もっと驚いたのは保護者会のパワーです。大勢のスタッフ、おそろいの服でわかりやすく名札をしてくれているのでお名前がわかって安心。動きはもちろんスムーズで段取りがよく、本当に助かりました。

打ち上げも盛大で楽しく、私たちアウェイのサックスチームも輪に入れていただいて嬉しかったです。

ピアノソロを披露してくださった松本さんは、とても気さくな方でした。お話出来てよかったし、何より本番が感動しました。というか、練習から感動していましたが、本番が最もよいコンディションになるという本物の天才だなと思ったし、人々の魂に響く音楽を奏でられる…すごい財産な方だなぁと改めて思いました。ショパンのCDを買わせていただきましたよ(笑)
来月12日に芸文館でコンサートがあるので、皆さんぜひご来場ください。

で、そうそう打ち上げでこの度卒団される方の表彰もありました。(あ~チボリでもやってたなぁ)中の一人がコメントしながら、感謝の気持ちいっぱいで泣いていましたが、「お金を集めてくれたり、楽器を買ってくれたり…」と言い、その素直な表現に多少笑いも出ましたが、それがまた感動でした。

そりゃそうですよ。どんなに人がいて、素晴らしいアイデアがあっても、お金がないと何も出来ない。

お金を集める人、アイデアを出す人、段取りをする人、練習する人、手伝う人とまあ書けないほどそれぞれの役割があって成り立つもんなぁ。

けど、お金を集める人って必ず人に頭を下げてお願いするものだけど、そこの苦労が報われる瞬間は子供たちの成長が見えた時、ステージが無事に盛況に終わるときですから、なかなか目に見えたり形にはなりづらい。

それが報われる瞬間に居合わせて、幸せだったし、お金が活きる瞬間を感じて感動しました。


お金は使い道によっては単なる物だけど、活きた使い方をするとこんなに素晴らしいものを生み出すんじゃなぁと思いました。

とにかく何もかもが感動の一日でした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

井上有記

Author:井上有記
岡山県玉野市出身。3歳よりピアノ、12歳よりサクソフォーンを始める。
山陽女子高等学校音楽科卒業。作陽音楽大学音楽学部音楽学科サクソフォーン専攻卒業。同大学卒業演奏会、岡山県新人演奏会に出演。
倉敷チボリ公園専属吹奏楽団「チボリ ウインド アンサンブル」に5年間所属。
現在、おかやま山陽高校音楽コース講師、瀬戸フィルハーモニー交響楽団団員、サクソフォンラボラトリー岡山代表、くらしきジュニアサクソフォンコンクール&フェスティバル実行委員、岡山サクソフォンクラブ事務局長など、地元岡山を中心に県内外での演奏・指導を精力的に行う。サクソフォーンを冨岡和男、長瀬敏和、上田啓二の各氏に師事。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。