イベールのアレンジ

今日、一緒にラボ(サクソフォンラボラトリー岡山)で活動している西室くんが、
「イベールのアレンジが大体出来ました~」って、わざわざ持ってきてくれました。
同じくラボのメンバー何人かで集まって、打ち合わせしたりしながら、最後に楽譜チェックをしました。
アルトサクソフォンの室内小協奏曲…はっきり言って難しそう!でもはっきり言って超かっこいい!
サックスのみのアンサンブルですが、かなり重厚な音がしそうな予感。
しっかりさらって、早く合わせがしたいです。


この曲を、頼もしい後輩のアレンジで、尊敬している先生と信頼ある楽しい仲間たちと一緒に演奏することが出来るなんて、感動です♪


ラボのみんなは不可能を可能にして、形にしていく力を感じます。
実力もあり人柄もよく、ユニークな仲間です。
手探りではあるけれど、演奏だけでなく運営の方も、適材適所でスムーズに動いていけます。

皆さん、2月16日は楽しい時間を過ごしに岡山テルサにお越しください☆
ゲストの大城先生による最高ソロと、私たちの熱く真剣な伴奏で、素敵なイベールをお聴かせします!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

井上有記

Author:井上有記
岡山県玉野市出身。3歳よりピアノ、12歳よりサクソフォーンを始める。
山陽女子高等学校音楽科卒業。作陽音楽大学音楽学部音楽学科サクソフォーン専攻卒業。同大学卒業演奏会、岡山県新人演奏会に出演。
倉敷チボリ公園専属吹奏楽団「チボリ ウインド アンサンブル」に5年間所属。
現在、おかやま山陽高校音楽コース講師、瀬戸フィルハーモニー交響楽団団員、サクソフォンラボラトリー岡山代表、くらしきジュニアサクソフォンコンクール&フェスティバル実行委員、岡山サクソフォンクラブ事務局長など、地元岡山を中心に県内外での演奏・指導を精力的に行う。サクソフォーンを冨岡和男、長瀬敏和、上田啓二の各氏に師事。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク