スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管打!!!

管打コンクール、サックス部門1次予選が終わりました!受験された皆さん、お疲れ様でした。

まず、受けたことに意味があると思います。楽な方を選ばずに、苦しい方を選びましたね。
練習する過程で、「負けたくない」という感情を持ったと思います。自分の個性と向き合い、仲間と切磋琢磨されたことでしょう。あるいは、孤独にストイックにやってきた方もいらっしゃるでしょう。

練習が思うように出来た方も、出来なかった方も、コンクールを前向きに取り組めた方もそうでない方も、必ず意味のある時間になったのではないかと思います。

私だって、受からなかった方です。それでも、身に付いたものは自分を裏切らないし、落ちたという現実も強く心に刻まれています。
あの頃は、色んなことがうまくいかず、コンクールもダメだったし、気持ちが落ち込んでいました。コンクールから3年、上京しなかったです。そのうち体調も崩しましたし。

でもそんな時期も、やはり意味があるのでしょう。

私に出来ること…私だから出来ること…、もっともっと自分らしく頑張らなくてはと思うようになり、今に至ります。

へこむ時間も大切ですね。振り返るとそう思います。

へこみながら楽器を吹くと、まあおかしな音がするもんで、「こんな音、出したくない!!もっといい音出したい」その気持ちから、どんどん前向きになってきました。


やっぱり、いい音楽やりたいもんね。
今となっては、笑い話です。何事も、無駄なことなんてありませんね。


惜しくも落ちちゃった方は、「あれで入賞しなかったなんて」と言われるように頑張りましょう。もちろんへこんだ後でよいと思います。


そして、2次に進まれた方、おめでとうございます!次の課題も頑張ってください。

スポンサーサイト
コメント

過去最多

関西以西で次に進まれた方はいらっしゃるんでしょうか?

一発勝負ですから、やはり厳しいですよね~。

前回は1次から本選まで聴きに行きましたが、やはり地方にいると残念ながら・・・ですね。

いやあ、どうでしょう!私もどなたが抜けたのか、ほとんど知らないんです~!

ホント一発勝負、わからないですよね。
私も苦い思い出です(笑?)

本選まで注目ですね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

井上有記

Author:井上有記
岡山県玉野市出身。3歳よりピアノ、12歳よりサクソフォーンを始める。
山陽女子高等学校音楽科卒業。作陽音楽大学音楽学部音楽学科サクソフォーン専攻卒業。同大学卒業演奏会、岡山県新人演奏会に出演。
倉敷チボリ公園専属吹奏楽団「チボリ ウインド アンサンブル」に5年間所属。
現在、おかやま山陽高校音楽コース講師、瀬戸フィルハーモニー交響楽団団員、サクソフォンラボラトリー岡山代表、くらしきジュニアサクソフォンコンクール&フェスティバル実行委員、岡山サクソフォンクラブ事務局長など、地元岡山を中心に県内外での演奏・指導を精力的に行う。サクソフォーンを冨岡和男、長瀬敏和、上田啓二の各氏に師事。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。