スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回顧…その1

チボリの閉園まで、2ヶ月を切りました。

私は大学を卒業後に1年間聴講で残り、その間にサックスのお仕事を始めました。

自分で試行錯誤しながら始めたものや、ご縁があっていただいたものなど色んなことを経験させていただきました。仕事を始めて1年経つか経たないかあたりで「チボリウインドアンサンブル」というプロの吹奏楽団が出来ると聞きました。(岡山にそんな楽団が出来るのなら是非とも入りたい!)と思い、このオーディションを受け、通過して楽団に入りました。

西日本初のプロの楽団ということで、他にも集まったメンバーは若くてかなり腕のある人ばかりでした。
チボリが開園したのは夏…4月に入社した楽団員たちは、アンサンブルや合奏、マーチングなど厳しい練習をこなし、みんなで励まし合いながら開園の日を迎えました。

開園…とうとうこの日が来ました。
お客様で溢れる園内をパレードするのは、本当に誇らしく感じました。そして、吹奏楽をお届け出来ることも、私にとって喜びの一つでした。
色んな大学から集まってきていたみんなとの演奏は、本当に勉強になりましたし、演奏だけでなく理論や精神的な強さも、学び取らせてもらいました。

そしてたくさんの本番を行うことは、生の学習というか…、過酷な勤務ではありましたが、自分の能力や精神的なものを伸ばしてくれた貴重な経験となりました。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

井上有記

Author:井上有記
岡山県玉野市出身。3歳よりピアノ、12歳よりサクソフォーンを始める。
山陽女子高等学校音楽科卒業。作陽音楽大学音楽学部音楽学科サクソフォーン専攻卒業。同大学卒業演奏会、岡山県新人演奏会に出演。
倉敷チボリ公園専属吹奏楽団「チボリ ウインド アンサンブル」に5年間所属。
現在、おかやま山陽高校音楽コース講師、瀬戸フィルハーモニー交響楽団団員、サクソフォンラボラトリー岡山代表、くらしきジュニアサクソフォンコンクール&フェスティバル実行委員、岡山サクソフォンクラブ事務局長など、地元岡山を中心に県内外での演奏・指導を精力的に行う。サクソフォーンを冨岡和男、長瀬敏和、上田啓二の各氏に師事。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。