スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音程と音色

先日、倉敷で先生とN君と食事をした際に出た話ですが、やっぱり音程をよくしても音色をつぶしちゃダメだよねーーーって話になりました。

うむうむ、そうそう、その通り。やっぱり音がしっかりしていたら音程が多少ずれていても気にならないし、音程より音色を大切にする方がいいと思うなあ…。まあ、場面にもよりますけどね。

音楽って楽しくて難しくて、大好きです。
好きなことを仕事に出来たのだから、もっと頑張らなきゃ☆

チボリの閉園も、自分の生活を改めて考える機会だと思って前向きにやっていこう☆☆

まま、とにかく人間笑顔で前向きなのが一番!皆さん、頑張りましょうね~☆★☆
スポンサーサイト
プロフィール

井上有記

Author:井上有記
岡山県玉野市出身。3歳よりピアノ、12歳よりサクソフォーンを始める。
山陽女子高等学校音楽科卒業。作陽音楽大学音楽学部音楽学科サクソフォーン専攻卒業。同大学卒業演奏会、岡山県新人演奏会に出演。
倉敷チボリ公園専属吹奏楽団「チボリ ウインド アンサンブル」に5年間所属。
現在、おかやま山陽高校音楽コース講師、瀬戸フィルハーモニー交響楽団団員、サクソフォンラボラトリー岡山代表、くらしきジュニアサクソフォンコンクール&フェスティバル実行委員、岡山サクソフォンクラブ事務局長など、地元岡山を中心に県内外での演奏・指導を精力的に行う。サクソフォーンを冨岡和男、長瀬敏和、上田啓二の各氏に師事。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。